011

30代半ばからの転職活動

2016年4月18日

世の中では基本的には転職する年齢の限界は35歳程度と言われています。若手とも中堅ともいえるような年齢で、入社からだいたい10年を迎えるのが35歳です。この年代は経験や技術に差が出始める年代でもあり、その人の経験であったり、技術の高さなどが30代半ばからの転職成功への重要なポイントになってきます。企業の側も30代半ばの人材には即戦力を求めるケースが多く、採用の際にはそれをどれだけアピールできるかということがとても大きなポイントになってきます。事実、30代半ばになると求人は激減します。なかなか転職が難しいのが現状なのです。ここからはどのようなことを考えて30代半ばからの転職活動をすればいいのかということについて詳しく見ていこうと思います。

まずはたくさん応募してみる

まずはじめに紹介する、30代半ばからの転職活動をする時に実践してみてほしいポイントは、とりあえずたくさん企業に応募してみるということです。30代半ばからの転職はかなり不利なのは事実ですので、数でカバーする必要があります。無茶をしているようにも思えますが、年齢が不利なわけですから、サイトに求人を出している企業に直接連絡を取ってみるという方法もオススメです。その方が自分の強みや熱意などが企業側にもよく伝わっていいかもしれないので、ぜひ実践してみて下さい。

転職サイトを活用する

次に紹介する、30代半ばからの転職活動をする時に実践してみてほしいポイントは、転職サイトを活用するということです。転職サイトの中には、30代からの転職活動を支援するために、30代への求人情報を中心にして運営しているサイトも存在しています。何社でも登録できるのでまずは登録してみましょう。また、転職サイトを活用する際はクチコミなどを詳しく見て、30代半ばからの転職成功例があるかどうかをきちんと見ておくことも重要なポイントです。めんどくさがらずに細かくサイトをチェックしてみましょう。

まとめ

ここまで、30代半ばからの転職活動が難しくなってる現状でどのようなことを考えて転職活動を行えばいいかということについて詳しく見てきました。30代半ばからの転職活動では、柔軟な発想で転職活動を行うことがとても大切なのです。たくさんの企業へ応募し、めげすに転職活動を行っていけば、転職活動を成功させることもできる可能性が上がってきます。ぜひここに書いていることを参考にしてもらえればなと思います。”"