pixta_27552815_M

現代は転職とPCが切っても切り離せなくなってしまった時代

2017年1月27日

一昔前まではPCを所有している人と所有していない人と2つに別れているような感じでしたが現在スマートホンやタブレット端末が多頭してきても多くの人がPCを所有していることと思います。そしてそのPCは今や転職活動にも必要不可欠なものになりPCがなければ転職はできないと言っても過言ではありません。そこで今回はPCがどのような面で転職活動に使われているのか話していきたいと思います。

転職先を探すのに一番便利なものがPCだから

転職をするということは転職先を探さなくてはならなくなりますがその転職先を探すのに一番便利なものが他ならぬPCなのです。
PCでインターネットに接続すれば求人サイトや転職エージェント、そして今やハローワークの求人情報をいつでも検索することができ情報を得るツールとして欠かせないものになっています。

応募関係もPCからのものが増えた

そして転職先候補を見つけた時、応募をするときにもPCを使って応募させる企業も増えてきているのです。レジュメといったプロフィールや職務経歴書を事前に登録しておくのが求人サイトや転職エージェントのやり方で、そのレジュメをそのサイトに登録されている企業に提示し、その企業が興味を持った人材にスカウトや個別面談と言ったチャンスがサイトを通じてやってくるという機能を備えているものもあります。

履歴書を作成する際にもPCを使用しなければならなくなった

更に履歴書においてもPCで作成しなければならないものもできてしまいました。それが上記で少し話した職務経歴書というものです。新卒採用ではこの職務経歴書は職歴がないのでいりませんが、転職採用試験では通常の履歴書の他に今までどんな会社に入社し、どんな仕事をしてきてどんな実績を上げてきたのかといったことを詳しく記載したものを多くの企業で別に添えなくてはならなくなっています。そのことからも今やPCがなければ転職活動もできないという流れになってきているのです。

まとめ

ここまで色々と話していきましたが現在の転職活動においてPCは切っても切り離せないものになってしまいました。転職先を探すにしても一番手っ取り早いものがPCであり、転職先候補や転職先を代わりに探してもらうにもPCを使い求人サイトや転職エージェントとやり取りをしなくてはならなくなっています。また履歴書に添える職務経歴書もPCで作成しなくてはならないのでPCがなければ転職活動ができないと言っても過言ではありません。