00118

転職先で前職でついてしまったキャラを変えて心機一転

2016年9月29日

前職で根付いてしまった自分のキャラのせいで、とても嫌な多いや損な事態に遭ったことありませんか。転職をきっかけに自分のキャラ設定をぱっと変えてみてはいかがでしょうか。でも、どんなふうに変えたらいいのかわからない人のために少しだけご紹介します。

こんなキャラのせいで困ったことに

断れない性格から、なんでも引き受けてしまって器用貧乏な立ち位置になってしまった。
面倒な仕事をなんでも押し付けられる。
セクハラやパワハラがされやすい。
弄られキャラになってしまい、過激な弄りで傷つくことも。

前職で嫌な思いしたのは自分のキャラ設定のせいかもしれません。

貧乏くじタイプから断れる勇気を

今まではなんでもハイハイと受けてしまうことで、貧乏くじを引かされることもありませんでしたか。
それは、自信のなさからくる承認欲求が強いために現れるキャラです。
それでもきちんと評価される職場ならばいいですが、全く評価されないのであればやるだけ損なだけです。

転職先では、もっと違う方法で承認欲求を満たせるようになりましょう。
そして、貧乏くじばかり引かされないように、断る勇気も必要です。そして今まで断ったことが少ない人は、断り方が下手ということもあります。断る技術も学んでいきましょう。

なんでも相談にのってしまうお節介から無関心へ

なんでも相談って、一見いい人に見えますね。でも、実は余計なストレスを抱えてしまい、体調が不調になりやすいことも。
仕事のストレスに加えて、同僚の相談に乗ってさらにストレスを抱え込むことになると、なかなかストレス発散も難しくなります。

相談に乗っても、さいしょに「話を聞くしかできないけど」と断りを入れておくことで、話をきくだけで終わることもできます。相手は話すだけ話、吐き出してスッキリすることもあるからです。話を聞かされたほうは引きずらないで、その場で感情を終わりにしておきましょう。

せっかく転職をしたのですから、前職で失敗したキャラ設定を変えて、より仕事に専念できる環境を作るのも自分の努力次第ということになります。
そのためにも自己分析をして、自分の駄目だった部分に向かい合い、直していくようにしましょう。

キャラを変えるだけで、すごく働きやすい職場になるかもしれません。