00003

転職を成功させるためのスケジュール管理

2016年6月20日

転職活動というのは、長期戦です。行き当たりばったりでは、十中八九、失敗と言える転職になってしまうでしょう。そのため、転職活動には、スケジュール管理が、非常に重要になってきます。ここでは、上手なスケジュール管理について、考えていきたいと思います。

何でスケジュール管理が必要なの?

まずは、スケジュール管理がなぜ重要なのかを確認したいと思います。自分の中で、具体的なスケジュールを作っていないと、転職活動が無駄に長引いてしまいます。夏休みの宿題を思い出してみましょう。具体的なスケジュールを立てず、何となく過ごして、最終日もまだ宿題が残ってる、なんて経験をした人も多いのではないでしょうか? 転職活動も同じです。むしろ、今の仕事と並行して、活動しなければいけないため、より厳しく、自分をコントロールしなければいけません。また、それ以外の理由としては、やはり面接日が、他の企業の面接や、仕事と被ってしまわないようにするためにも、スケジュール管理が大切になってきます。そうした理由から、スケジュールを立てることは、転職活動に必須だと言えるのです。

どうやって決めるの?

最初に、漠然としたものでいいので、いつまでに転職したいかを決めましょう。それが、その後の指針となっていきます。次に、逆算して、いつ今の会社を辞めるかを決めます。そして、ハローワークや転職サイトで集めた求人情報を元に、具体的な日にちを入れていきます。しかし、面接と言っても、二次面接、三次面接と数回にわたる場合も多く、現職の仕事と被らないように気をつけなければいけません。もちろんスケジュール通りにはいきませんが、大体の流れを把握することで、スケジュールが多少ズレても対応することができます。

余裕を持ったスケジュールを!

具体的なスケジュールを立てるときに注意しなければいけないのは、ゆとりのある予定を組むことです。はじめからタイトにスケジュールを組んでいると、急な事情で面接と仕事が被ってしまったときなど、対応できません。面接は、合格か不合格かで、その後の予定を大きく変えてしまうものです。あらかじめ余裕を持った予定を立てておいて、突然の変更にもフレキシブルに対応できるようにしておきましょう。

まとめ

ここまで、転職活動におけるスケジュール管理の重要性と作り方について、考えてきました。スケジュール帳を上手く使って、転職活動を乗り切りましょう。